「英語が好きだけど、何か良い副業はないかな」と探している方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんな英語が好きな方におすすめのネット副業について解説していきます。

まず、皆さんは「英語は好きだけど、そんなに仕事にするほど得意じゃない」と思っている方も多いと思います。
ですが、みなさんが思っている以上に、日本人は英語ができません。
おそらく、皆さんの多くはもう副業としては十分できるレベルに英語が得意です。

そして、英語の仕事は「翻訳」だけではありません。
翻訳については皆さん知っていると思うので、今回は割愛します。
他にも英語を活かした副業はたくさんあるため、それらについても解説します。

では、まず挙げられるのが「執筆関係」です。
クラウドソーシングで「WEBライター」として執筆をするというのがまず1つです。
英語学習系の記事はかなり需要があり、アフィリエイトも豊富にあります。
なので、みなさんがこれまで勉強してきた英語勉強ノウハウを使えば、割と簡単に書けると思います。

また、英語学習系の記事は比較的単価が高めです。
そして、「ブロガー」も執筆系の仕事として挙げられます。
ブロガーとライターはやっていることは殆ど変わらないのですが、ブロガーの方は自由があります。
ライターならば月数万円~10万ほど。ブロガーなら月数十万は可能です。

次は、少し意外かもしれませんが、「プログラミング」です。
どうしてプログラミングがいきなり出てきたかと言うと、プログラミングは英語が出来るとかなり有利です。

まず、プログラミング言語の多くは「英語ベース」になっています。なので、関数名等を覚える時も、英語が出来ると覚えやすいのです。
そして、これが最も大きなメリットですが、「情報収集が圧倒的に有利」です。
プログラミングの情報の多くは、英語で書かれています。
英語が出来れば、日本語よりも遥かにわかりやすく、詳しいサイトや本を読むことが出来るのです。
プログラミングを上達させる上で、英語というのはかなり重要なスキルになります。

他には、「転売」などもおすすめです。
英語が出来ない人にとって、海外のサイトを使って仕入れるというのは意外と敷居が高いのですが、英語が出来る人にとっては簡単にできることです。
「みんな出来ない事ができる」というだけで付加価値が生まれ、転売でも有利に働きます。

今回は、英語好きな人が稼げるネット副業について解説しました。
これら以外にも、英語ができるというだけで情報収集がしやすいので、有利になる副業は多いです。
ぜひ、皆さんの英語力を活用して副業をしてみてくださいね。