仮想通貨は今後どうなる?価格変動の予想まとめ

副業にも使えると、lineや口コミなどで話題沸騰中なのが仮想通貨です。価格推移を見てみると、人気通貨でも暴落することもあれば、逆に高騰することも多く、危険性を感じる方も少なくないはず。
ただ、メディアや専門家も警鐘を鳴らしていたものの、それを尻目に成長を続けており、上手く投資すれば利益を出せるのも事実です。興味はある場合は、投資家などのが行っている今後の予想を参考にしてみてはいかがでしょう。

まず、仮想通貨は人気銘柄を中心に、2021年に破竹の勢いで価格上昇を起こしています。2021年6月には下げ基調で価格は下落していますが、一般的にはそれまでの急激な価格上昇の反動と予想されているようです。2021年後半以降は、この下げ調子を見て危険と判断するか、それとも今後の再高騰を狙うかで、命運が変わるかもしれません。

価格変動の予想についてですが、2021年後半以降も再び価格上昇に転じる可能性が高いです。仮想通貨はこれまでも、高騰する時期と低迷する時期を繰り返してきました。この流れから、しばらく低価格で推移した後、上昇に転じると多数の投資家、ファンドが判断しています。

上昇に転じる可能性を考えると、いくつか原因が考えられるので要チェックです。言い換えれば、その原因が実際に発生するタイミングで価格変動が起こる見込みが強く、積極的な「買い」判断に役立ちます。

上昇する原因のうち、大きな可能性を秘めているのはETF承認でしょう。投資信託の対象として証券取引所に上場する見通しが立っているのですが、承認作業が揺れています。これまで承認が先延ばしになれば、不安材料となって値下がりしていますので、逆に認められれば大きく価格上昇する可能性があるのです。

法律面が強化されているのも、価格変動の原因の一つとなります。法律で規制されると、その度に不安材料にも感じますが、逆に言えばルールが定まって安全性が確保されるという判断も可能です。また、規制だけではなく、公式に通貨として認める法案が提出されるなど、好意的に受け入れる判断もなされています。

後は感染症の大流行が落ちつたときに、需要が爆発する可能性があるでしょう。
感染症は投資家にとって不安材料となっており、安全資産にニーズが傾いています。投資家は冒険するより、手堅く資産を守りたいと考えているわけです。このため、守りの必要性がなくなった時点で、値動きが荒い仮想通貨に投資が集中する見込みがあります。

いずれも確実性は保証できません。しかし、仮想通貨に関するニュースと、それによる価格推移への影響を見ておくと、ビッグニュースに前後して値動きが見られるのは確かです。このため、日ごろから仮想通貨関係の動きをチェックして、価格推移を予想していけば、投資すべきタイミングを掴むために役立ちます。

SNSでもご購読できます。